Young Youth Forum概要と開催報告

アジア太平洋諸国における女性と少女に対する暴力への対応と予防キャンペーン (UNiTEキャンペーン)におけるグローバルUNiTEユースフォーラム開催費用 (以下の活動4)

背景

女性と少女に対する暴力は、平和であるか紛争下におかれているかを問わず、現在の世界の普遍的な課題である。国連は、1993年に「女性に対する暴力撤廃宣言」を採択し、1994年には「女性に対する暴力特別報告者」を任命、また2000年には安保理決議1325号「女性と平和・安全保障」を採択するなunitegirlど、この問題に対する取り組みを展開してきた。それらの成果を踏まえつつ、なお一層の努力を強化する必要性を認識し、パンギムン国連事務総長は「女性に対する暴力撤廃国際デー」である2008年11月25日に、世界規模のキャンペーンである「女性と少女に対する暴力への対応と予防キャンペーン」を開始した。本プロジェクトは、同キャンペーンをアジア太平洋地域において実施するための取り組みである。

目的

  • 2015年を期限に展開されるUNiTEキャンペーンの目的は以下の5点である。
  • 各国における女性と少女に対する暴力を処罰するための立法の実現
  • 予防に焦点をあてた国内行動計画の策定と実施
  • 女性と少女に対する暴力の実態を把握するためのデータの収集と分析
  • 女性と少女に対する暴力の予防を目的とした各国や地域でのキャンペーンの展開
  • 紛争下における性的暴力への体系的な対応の実施

活動

  • 女性と少女に対する暴力の実態、およびこれまでの取り組みの成果を調査・記録し、課題の存在を明確にする
  • 啓発活動のためのリーフレット等の資料作成
  • 啓発活動の展開におけるプライベートセクターとの協力の構築
  • キャンペーンの成果と戦略について話し合う若者によるワークショップの開催
  • 青年男性を巻き込んだTシャツデザインコンペ等の開催
  • 各国における女性と少女に対する法律への意識向上キャンペーンの実施

成果

  • 女性と少女に対する暴力への予防と対応をおこなうための地域および各国内での活動が強化されること
  • キャンペーンを実施するための広範なネットワークが構築され、優先分野について効果的な啓発活動が実施されること

場所

9ヵ国(ブータン、バングラデシュ、カンボジア、インドネシア、ラオス、モルディブ、フィリピン、タイ、ベトナム)

予算

493,758US$(約40,000,000円)

【日本国内委員会は、上記活動4.の開催費用にとして3万ドルを支援】

報告

Global UNiTE Youth Forum事業の報告

Comments are closed.