緊急共同声明

  • 2014/04/21

ナイジェリアで、女子生徒100名が誘拐される!

犯行組織にムランボ=ヌクカUN Women事務局長等が強く抗議

 

注:少女の誘拐は、性暴力と言うこと以上に、加害者たちと生活を共にさせられ、加害者の子を産み、その後の人生を、教育や安全、希望などと無縁に過ごすことを意味する。

 

緊急共同声明 For immediate release Date: 17 April 2014


〈ニューヨーク〉我々は414日、ナイジェリア、ボルノ州、チボクの学生寮から100人に及ぶ1217才の少女たちが誘拐されたことにとても憂慮しています。子供たちの自由を侵したり、学校を襲ったりすることは国際法で禁止されており、どのような状況でも正当化することはできません。

我々は誘拐犯人に少女たちを元の家族のもとに無事に返すことを強く求めます。

学校は子供たちが平和に勉強して成長していく場であり、安全が保障されなくてはなりません。少女や若い女性たちは暴力や不当な扱いを受ける心配なく学校に行き、世界市民として当然の権利を行使できなくてはなりません。女性・女児は脅迫、迫害などを含むあらゆる形の差別を受けずに暮らせる権利を持っているのです。

我々の心はナイジェリア国民、特に誘拐された少女たちの両親や家族と共にあります。

ナイジェリア連邦共和国地図

 

ザイナブ・ハワ・バングラ紛争下の性暴力国連事務総長特別代表

プムズィレ・ムランボ=ヌクカUN Women事務局長

ナビ・ピレイ国連高等弁務官

レイラ・ゼロウキ子供と武力紛争国連事務総長特別代表

 

注・訳:国連ウィメン日本協会国際チーム

 

 

 

Comments are closed.