世界の証券取引所、ジェンダー平等推進に向けオープニングベルを鳴らす

  • 2015/04/04

国際女性デー
世界の証券取引所、ジェンダー平等推進に向けオープニングベルを鳴らす
日付:2015年3月9日

3月9日。UN Womenの事務局長代行ラクシュミ・プリ氏、ニューヨークのNASDAQ証券取引所で行われたオープニングベルセレモニーに、国連職員、政府およびグローバル企業のリーダーたちとともに参加。  写真:UN Women/ライアン・ブラウン

3月9日。UN Womenの事務局長代行ラクシュミ・プリ氏、ニューヨークのNASDAQ証券取引所で行われたオープニングベルセレモニーに、国連職員、政府およびグローバル企業のリーダーたちとともに参加。  写真:UN Women/ライアン・ブラウン

ニューヨーク:第4回世界女性会議20周年と国際女性デーを祝し、世界中の証券取引所が、UN Women、国連グローバル・コンパクト、国連の持続可能な証券取引所イニシアティブのメンバーとともに、ジェンダー平等の推進を支援し、女性のエンパワーメントに民間部門が果たす役割の重要性を呼びかけました。

3月9日、デロイトLLPのキャシー・エンゲルバート次期CEOは、伝統に則り午前9時30分にニューヨークのNASDAQ証券取引所のオープニングベルを鳴らし、「世界女性デーにNASDAQのオープニングベルを鳴らすことができるのは非常に光栄なことです」と述べました。

エンゲルバート氏は、UN Womenの事務局長代行のラクシュミ・プリ氏、WEPs(女性のエンパワーメント原則)リーダーズグループ代表のエリザベス・ブロデリック氏、国連グローバル・コンパクトのジョージ・ケル事務局長をはじめ、政府や国連の代表者、数多くのビジネスリーダーや投資家とともにこのイベントに参加しました。

「私たちは、金融・ビジネス業界に対し2030年までに「プラネット50-50 平等な地球社会」を達成し、ジェンダー平等を目指して活動することを呼びかけています。必ず実現させましょう」と、プリ氏は述べました。

ニューヨークで行われたこの記念すべきオープニングベルセレモニーは、3月3日にエジプトで始まり、その後インド、ポーランド、ナイジェリア、スウェーデン、そしてトルコへと続いたイベントの締めくくりでもありました。このイベントに参加した各都市では、エンパワーメントを目指す女性たちのロールモデルとなる、輝かしい女性たちがずらりと並んで、始業のベルを鳴らす姿が見られました。

このイベントは、UN Womenの各国オフィスと国連グローバル・コンパクト・ローカルネットワークの主催で行われました。その目的は、ビジネスにおけるジェンダー平等の重要性に対する意識を高め、UN Womenと国連グローバル・コンパクトによる共同の取り組みであるWEPsが、ジェンダー平等の推進と各分野における女性の経済活動への完全な参加をいかに後押しするものかを確認することでした。

「国連グローバル・コンパクトは、WEPsと持続可能な証券取引所イニシアティブという2つの取り組みの主催者として、証券取引所、企業、投資家、政府、そして国連が一丸となったジェンダー平等という重要課題への取り組みを支援しています」と、国連グローバル・コンパクトのジョージ・ケル事務局長は述べました。「女性の完全で効果的な社会参加を確実なものとし、政治、経済、公共生活のあらゆるレベルにおける機会均等を保証するためには、すべての関係者の強力な関与と協力が必要です。」

女性と女児に投資し、彼女たちの完全な経済参加を可能にすることは、ビジネスと社会にとって極めて重要です。それによって私たちは、強い経済とより安定した公正な社会を築き、自分たちの家族と地域の生活の質を向上させ、持続可能な発展を達成することができるのです。

このオープニングベルセレモニーの模様は、その前日(3月8日)の国際女性デーに向けたUN Womenのメッセージと共に、タイムズスクエアにあるNASDAQの巨大なビデオスクリーンで中継されました。   写真:UN Women/ライアン・ブラウン

このオープニングベルセレモニーの模様は、その前日(3月8日)の国際女性デーに向けたUN Womenのメッセージと共に、タイムズスクエアにあるNASDAQの巨大なビデオスクリーンで中継されました。   写真:UN Women/ライアン・ブラウン

3月10~11日には、ビジネス、政府、国連、市民社会のリーダーが集まり、2015年WEPs年次会合「無限の可能性:ジェンダー平等のためのビジネスパートナー」が開催されます。このイベントでは、女性のエンパワーメントを図るグローバルな政策枠組みとして1995年に採択された北京宣言と行動綱領を改めて検討し、持続可能で公平かつ包括的な未来に向けた活動方針を立てます。本年度の会合は初めて、第59回国連女性の地位委員会の公式イベントとして開催されます。
(UN Womenウイクリーニューズより抜粋)

翻訳協力:松本香代子(実務翻訳スクール.com)

Comments are closed.