ネパール大地震 緊急募金へのご協力をお願いします

  • 2015/05/05

ネパール大地震緊急募金 ご協力のお願い

2015年4月25日午前11時56分、ネパールを、マグニチュード7.8の大地震が直撃しました。UN Womenでは、被害を受けた女性、少女たちを支援するために、緊急募金を世界に呼びかけています。
国連ウィメン日本協会では、UN Womenからの要請を受けて、日本全国からの募金を以下の口座で受付けます。
なお、当法人は認定NPO法人のため、皆様からの募金は寄付金控除等の対象です。領収書が必要な方は連絡先を別途事務局にご連絡下さい。

Vlad Sokhin/UN Women

Vlad Sokhin/UN Women

三菱東京UFJ銀行 戸塚支店 (635)

 口座番号 1118955

 口座名  特定非営利活動法人 国連ウィメン日本協会 特別募金

●被災女性の現状と募金の使い道

Vlad Sokhin/UN Women

Vlad Sokhin/UN Women

女性の被害の状況は、刻一刻深刻な様相を呈しています。ネパールの75地域のうち39地域が被害を受け、そのうち11地域が壊滅的被害を受けています。800万人の被災者のうち320万人が女性とこども。そのうち12万6000人が妊娠中で、3ヶ月以内に出産のケアが必要とされています。11の地域では約32万人の女性が生計をにない、41万4000人の少女が14歳以下、60万人の女性が非識字者です。さらに4万人の女性たちが性的暴力を受ける危険に直面しているとUN Womenは報じています。家族を失った女性や少女が人身売買の被害にあう可能性が高まっていることも懸念されています。

これらの女性・少女を被災下でも安全な日常生活が送れるよう、UN Womenネパール事務所は、女性の尊厳を守る日常品キット()および、安全性を確保する太陽光発電のランプとラジオ()の緊急支給のために、各50万ドルの支援を訴えています。
被災地で女性が性的暴力を受けるリスクを少しでも減らすために、安全性を確保でき、電源にもなり、煮炊きにも使用できるランプ、および、正確な情報を得るためにラジオは被災女性の必需品です。

あなたの募金で出来ること

3000円 → ラジオ・5台

6000円 → ランプ・5台

20000円 → 日用品キット・5パック

Vlad Sokhin/UN Women

Vlad Sokhin/UN Women

<女性のための最小限の日用必需品キット>
(配布しやすく、困難な環境でも使用しやすい工夫がなされています。16万5000キット)
下着、生理用品、サリー、ペティコート、長袖ブラウス、傘、爪切り、歯ブラシ、石鹸、洗濯用石鹸、バッテリー付きライト、服を入れる袋等
詳しくはこちらから

<女性の安全を守り、煮炊きもできる太陽光発電のランプ、ラジオ>
3万2320セット
詳しくはこちらから

Vlad Sokhin/UN Women

Vlad Sokhin/UN Women

UN Womenはバンコク事務所を拠点として、最も支援が必要な障害のある女性やお年寄り、生計を担う女性たちに支援が行き渡るよう活動しています。皆様の温かいお気持ちをどうぞお寄せください。
皆様からの募金は7月末までにUN Womenバンコク事務所に送金します。また、機会あるごとに被災女性の状況、支援の状況を報告します。ご協力をよろしくお願い申し上げます。

Categories: News, 日本

Comments are closed.