3月8日は国際女性デー、働く女性たちの平等を勝ち取るために、募金にご協力ください

  • 2017/03/01

3月8日は国際女性デー、働く女性たちの平等を勝ち取るために、募金にご協力ください

 

3月8日は国際女性デーです。

この日は、女性たちが平等を勝ち取ろうと戦ってきた日々を振り返り、その成果を祝い、さらに不平等を断ち切るために行動を起こす記念日です。

 

 

UN Womenは2017年度の国際女性デーのテーマを「Women in the Changing World of Work: Planet 50:50 by 2030(変化する仕事の世界における女性たち:2030年までにプラネット50:50を実現しよう)」と定めています。

 

あなたは知っていますか?

世界的に見て、女性と男性の賃金格差は、男性を100とすると、女性は24に過ぎないことを。

女性が男性と同じ賃金をもらっている国は世界に皆無であることを。

加えて経済界で女性リーダーは極めて少なく、働く分野で女性がこうむる不利益は計り知れません。

 

2030年までに地球上の不平等を解消しようと、世界中で活動しているUN Womenと共に 働く女性たちを支えるために、国際女性デーを記念して、あなたのご協力をぜひお願いします。

 

一つ一つは小さくても、積み重ねれば大きな効果が生まれます。例えば・・・

 

  • 月1000円で、政府や地域リーダーに時代遅れの法律や差別的な行動を変えさせる訓練を行えます。
  • 月1500円で、エジプトや中近東の女性たちにIDカードを配布できます。IDカードは投票したり、子供を学校に行かせたり、医療を受けられる大切なカードです。
  • 月4000円で、途上国の女性4人に読み書きを教えることができます。識字は、貧困から抜け出すための最初の一歩となります。
  • 月1万円で、例えばエチオピアの地方の女性7人に、金銭管理や商売の訓練を施し、自分と家族のために、土地を守り、商売し、生計を立てられるようにします。

 

毎月募金はこちらから

http://www.unwomen-nc.jp/%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ab%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8/%e5%80%8b%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8

 

毎月募金の難しい方、団体は、事務局にご連絡の上、いかにお振込みください。

郵便振替口座
口座番号 00240-7-43928
口座名義 NPO法人国連ウィメン日本協会

銀行振込口座
三菱東京UFJ銀行戸塚支店 普通口座
口座番号 1109343
口座名義 特定非営利活動法人国連ウィメン日本協会寄付口
国際女性デーとは

 

 

 

 

3月8日は世界中の女性がお祝いをする日です。イタリアやフランスでは男性が、日ごろの感謝の気持ちを込めて、女性にミモザを贈る習慣があり、スイスでは黄色の水仙を贈ります。

「国際女性デー」は、1904年3月8日、ニューヨークでの、働く女性たちの女性参政権要求のデモがきっかけになりました。さらに1910年にコペンハーゲンで行われた国際社会主義会議で「女性の政治的自由と平等のために戦う」日と提唱され、「国際女性デー」と制定されました。
その後は戦争などで一時中止されていましたが、1965年代後半からの女性解放運動などで再び関心が高くなり、国連は、1975年に、国際婦人年を制定し、3月8日を「国際女性デー」と定め、女性の平等な社会参加の機会を整備するよう加盟国に呼び掛けています。今では多くの国々が、3月8日を女性の日として、様々な催しを展開しています。

 

UN Womenの国際女性デーに関するNEWSはこちらから

http://www.unwomen.org/en/news/in-focus/international-womens-day

 

 

UN Women「働く女性」に関するプロジェクト例

UN Womenは、最も貧しく社会から取り残された女性に手を差し伸べ、支援することを重視しています。

  • モロッコ

砂漠地帯のオアシスで働く女性たちに、気候変動に起因する生活の脅威を軽減するプロジェクトを実施。薬用植物や芳香植物を、ソーラポンプを使った点滴灌漑で栽培するアンナマ協会を設立。読み書きのできなかった女性たちが、銀行口座を開設できるほど、収益を上げています。

  • パキスタン

UN Women とFAO(国連食糧農業機関)とILO(国際労働期間)の合同プログラムで、土地を所有していない農村女性1214人に土地借用権を獲得させました。女性は土地と住居にアクセスできるようになり、農業に励み農作物の収益の一部を得るチャンスを手に入れました。UN Women は、女性たちに土地を持たない農家の権利や、賃貸契約や土地所有の利点を教えるトレーニングを実施しました。

  • カンボジア

メコン川流域は良質な竹の産地として有名です。そこで、豊富な資源を活用して「竹細工プロジェクト」を実施。カンボジアの農村女性は、竹細工の技術、販売の知識や方法を学び、年間を通して現金収入を得られるようになり、農閑期の出稼ぎ労働から解放されました。国連ウィメン日本協会は2011年度から4年間継続的に支援しました。

Categories: News, 本部

Comments are closed.