ハリケーンイルマ・ホセで被害を受けた女性・少女にディグニティーキット配布開始

  • 2017/09/27

ハリケーンイルマ・ホセで被害を受けた女性・少女にディグニティーキットの配布始まる

UN WomenとUNFPAがアンティグア・バーブーダの女性・少女を支援するため緊急資金調達

Date: Monday, September 11, 2017

  ハリケーンイルマ・ホセの襲来時に配られたディグニティーキットに対し、ナディア・ジョンはファルマラ・ジェイコブスジェンダー総局長代理に心から感謝している。
写真:アンティグア・バーブーダジェンダー総局

UN WomenとUNFPA(国連人口基金)は協働で、ハリケーンイルマを逃れてアンティグアに到着したカリブ海のバーブーダ島からの被災者に基本的な保健衛生製品が入った「ディグニティーキット」を配布し始めました。

この壊滅的なハリケーンにより東カリブ海にある小さなバーブーダ島の全島民が双子島であるアンティグア島に避難を余儀なくされました。避難した1,413人のうち、600人が仮のシェルターで暮らしていますが、その多くは女性や少女で衛生生理用品など特殊なものを必要としています。でもこのようなニーズはしばしば見逃されてしまうのが実情です。

  ハリケーンイルマの襲来でディグニティーキットが女性や少女に配布されている。
写真:アンティグア、バーブーダ
ジェンダー総局


ディグニティーキットが女性・少女の今まで無視されてきたニーズにこたえている

「ディグニティーキットへの要求はとても高いです。なぜなら色々な支援物資は配られているものの、女性や少女が特に必要としている生理用品への配慮がないからです」とアンティグアおよびバーブーダの政府機関であるジェンダー総局長代理、ファルマラ・ジェイコブス氏は述べています。

支援物資配布センターでは、ジェイコブス氏が緊急援助コーディネーターと話していると、避難女性たちが彼女のところにとんできました。ディグニティーキットについて話しているのが聞こえたからです。彼女たちは緊急な必要性がある生理用品やその他女性・少女に欠かせない製品を探し求めているのです。

ディグニティーキットには被災女性・少女用の基本的な保健衛生用品が入っています。
写真:アンティグア、バーブーダジェンダー総局

 

「UN Womanにはバーブーダの全島民が立ち退いたら、避難した女性・少女にすぐ支援が必要だということが分かっていました。残念なことではありますが自然災害からの復興に携わるのは初めてではないので、国連機関のパートナーやアンティグアにある国のジェンダー機関と協働で直ちに救援活動を始めることができたのです。我々が特に配慮したのは家から引きはがされるようにして避難してきたあらゆる年齢の女性達が日常を取り戻し、尊厳を保てることでした。これは私たちの義務です」とUN Womenカリブ諸島代表のアリソン・マクリ―ン氏は述べています。

UN Womenが最初にUS$15,000を提供してUNFPAがそれに積み増しし、300個のディグニティーキットがジェンダー総局によって準備されました。このキットには石鹸、下着、生理用品などの女性・少女に欠かせない基本的な保健衛生用品が含まれています。


女性・少女にシェルターの安心・安全を確保する

ハリケーンホセの勢力がまだ強いため、イルマで大きな被害をこうむったバーブーダの住人はアンティグアのシェルターやあるものは家族と個人の家に仮住まいするようになりました。ほとんどの避難所のシェルターは込み合っていて女性・少女をジェンダーに根差す暴力から守る必要がります。

ファルマラ・ジェイコブス氏と彼女のチームはまさに全力でこれに取り組んでいます。女性・少女の安全を確保するため、シェルターのスペースや物資を共有するガイドラインや規則に従って優先順位をつけながら活動しているのです。「私たちはキットを一人一人に配っているので、その時を利用してシェルターの規則やガイドラインが守られているか確認しています。UN Womenの支援でシェルターをモニターして、安全や暴力予防に関する情報をシェルターにいる人たち全員に行き渡るようにする適切な仕組みを立ち上げるつもりです」

ジェンダー総局はコミュニティーのボランティアと一緒に、カリブ海諸島が高潮に襲われるかもしれないという厳しい状況の下でも、金曜日の夜に165個、土曜日に残りの155個のディグニティーキットを配ろうとしています。

バーブーダの90%のインフラがハリケーンイルマによって破壊された今、バーブーダの島民が自分たちの島にいつ戻れるか明らかではありません。UN WomenとUNFPAは、ハリケーンイルマとホセによって避難を余儀なくされた女性や少女のニーズに答えていくため政府と協力して活動を続けていきます。

Categories: News, 本部

Comments are closed.