ミチェル・バチェレ事務局長の横顔

  • 2011/01/10

ミチェル・バチェレ事務局長はチリの前大統領。20数名の候補者のうちから圧倒的支持を得て、2010年9月14日、事務次長としてUN Women初代事務局長に任命されました。
1951年チリのサンチャゴ生まれ。父はチリ空軍将校、母は考古学者、自らは医師。父は軍事クーデターにより国家反逆罪に問われ獄死。学生時代から政治活動のリーダーであった彼女も国外追放の目にあいましたが、オーストラリア、ドイツに亡命後、1979年に帰国。3人の子どもを育てながら医師として働き、保険大臣、国防大臣を歴任後、2006年にチリ共和国の初の女性大統領に選ばれました。パン・ギムン国連事務総長はバチェレ氏の「グローバルなリーダーシップと磨き上げられた政治手腕、国連と官民のパートナーシップ構築を築く高い能力」に期待すると述べています。

Comments are closed.